☆番外編(クラシック)36年(昭和11年)式、トヨダ AA型乗用車 “レプリカ”

昭和・旧車・トヨタ・トヨダ AA型乗用車

131

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “1936年、トヨタ自動車初の生産型乗用車として誕生。当時流行のストリームラインをいち早く採り入れ、理想的な前輪荷重やすぐれた乗り心地を実現したことはきわめて先進的であり、海外とくらべても一歩先を行くものであった。また、生産合理化を進め、自社の技術開発に努めて完成させたことは、歴史的にも大いに注目できるし、当時の自動車生産にも大きな自信を植えつけることになったのだった。”

The year 1936 marked the birth of Toyota’s first production passenger car. The Model AA was among the earliest to adopt the streamlined styling that was coming into vogue, offering an ideally balanced load on the front wheels and a superior ride — an advanced feature that placed it above many foreign cars. Furthermore, Toyota’s efforts to improve production efficiency and develop technologies in-house merit historical recognition. The accomplishment also instilled confidence in domestic carmakers of the time.