0戦はやと(1964年〜)

昭和・アニメ・0戦はやと

10011

筆者が子供の頃は、防空壕跡が遊び場になってたり、まだ戦争の余韻というか、戦争の傷跡に触れることが時々あった。
遊びも普通に戦争ごっこがあり、この 0戦はやと も、すごくカッコよく目に映ったなあ!
もう内容の記憶はおぼろげだけど、0戦はやと大好きでした。

◎第1話『奇襲』

◎出典:dailymotion

(漫画版のストーリー)
“昭和17年(1942年)、大日本帝国海軍は各戦線から腕利きの撃墜王35人を集め、宮本大尉の下に爆風隊を結成、ニューギニア戦線で64機撃墜の実績を誇る東隼人もその一員に選ばれた。モロタイ基地に派遣された爆風隊は、隼人が考え出した数々の奇策もあって何度も大きな戦果を上げるが、隼人の父である黄桜隊司令官東大佐は、敵のエース・パイロット、スカイキング中尉(後にキングサタン中佐と名前が変わる)に撃墜されてしまう。隼人はキングサタンに一騎討ちを挑むがかなわず、その後特訓を繰り返し、最後にキングサタンを倒したところで物語が終わる。”
◎引用:wikipedia