宇宙エース(1965年5月〜)

昭和・アニメ・宇宙エース

6953

私が5歳のときの放映なので記憶は微かに、、
ただ、エースが作り出リングは欲しかった!
特にサーフィンのように乗っている姿に憧れ、よく真似て遊んでたことを思い出した^^

そして今、オープニング見てみると、ああ、この銀河系から始まるやつーと、あの頃の記憶が蘇ったぞぉ、
何話かまた見てみたい^^

“人が住めなくなり、爆発四散したパールム星。パールム星人たちは宇宙船団を組んで脱出し、新しい星を探す旅に出た。
パールム星人の王の息子・エースは、航行中の宇宙船団からはぐれてしまい、21世紀の地球にやってきた。そんな彼の地球での親代わりを務めるのがタツノコ博士であり、その娘のアサリはエースが心を許せる姉もしくは妹のような存在である。また、パールム星人に捨てられたロボット・イボは、当初はエースに復讐しようとするが、タツノコ博士に改造されて可愛らしいイヌ型ロボットに変わり、エースの良きパートナーとなって活躍する。エースは平和を守るため、勇気と知恵とパールム星人としての特殊能力で悪人や怪物たちに立ち向かうのであった。
物語の後半では、タツノコ博士は光子ロケット「シー・ホース号」を開発し、エースやアサリたちとともに広大な宇宙空間に乗り出し、エースははぐれた父やパールム星の仲間を探しながら、悪の宇宙人オリオン星人などの強敵に立ち向かう。”
◎引用:wikipedia

(オープニング)

出典:youtube  tyanneru anison

(第1話)
出典:youtube  AniChan 様