22才の別れ(唄:かぐや姫)1974年

昭和・70年代邦楽・フォーク・かぐや姫・22才の別れ

12579

22才の別れ。あの時は、22歳がすごく大人に感じ、22歳になったとき、なるほどと思い。22歳の2.5倍以上生きた今、淡い青春の一コマに感じます。いつ聴いても心にしみるいい唄ですね!


出典:youtube

◎作詞・作曲:伊勢正三

あなたにさよならって言えるのは
今日だけ
明日になって またあなたの
暖かい手に触れたら
きっと言えなくなってしまう
そんな気がして

わたしには鏡に映った
あなたの姿を見つけられずに
わたしの目の前にあった
幸せにすがりついてしまった

わたしの誕生日に22本の
ローソクをたて
ひとつひとつがみんな君の
人生だねって言って
17本目からは 一緒に火をつけたのが
きのうのことのように

今はただ五年の月日が
ながれすぎた春といえるだけです
あなたの知らないところへ
嫁いでゆくわたしにとって

ウウウーウウウ・・・・
ひとつだけこんなわたしの
わがままきいてくれるなら
あなたはあなたのままで
変わらずにいてください そのままで