ジェームス・ディーン

昭和・人物・映画俳優・ジェームスディーン

1322

とにかくカッコよかった!
リアルタイムでは無いけれど、
ジェームスディーンの映画や、ジェームスディーンについて触れた印刷物、
そしてテレビでの特集など、、あたかも生きてるスターのようだった。
これから絶頂を迎えようとするときに、24歳という若さでポルシェで事故死した、
そのストーリーそのものに、青春の象徴として憧れていたのかもしれない。


出典:youtube

 “『底抜け艦隊』等の映画の端役をいくつかこなした後、1955年に『エデンの東』のキャル・トラスク役で初めて主役を演じて、認められた。彼はこの役でアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた。この後、続けざまにその年の『理由なき反抗』で主役を、『ジャイアンツ』で準主役を演じ、またもやアカデミー賞にノミネートされることになる。
『ジャイアンツ』の撮影終了1週間後の9月30日、ジェームズはサリナスで行われるレースに向かうために同乗者の自動車整備士ラルフ・ウッタリックと共に、愛車であるシルバーのポルシェ・550/1500RSでカリフォルニア州の州道を走行中、午後5時59分にショラム近郊にある州道46号線と41号線の東側の分岐点で、横からはみ出してきた学生の運転する車と衝突した。ラルフは車外に投げ出されて骨折、学生も軽傷で済んだが、ジェームズは複雑骨折、内臓損傷などでほぼ即死状態であった。事故現場に建てられたモニュメントには「JAMES DEAN 1931Feb8 – 1955Sep30pm5:59 ∞」の字が刻まれている。”
◎引用:wikipedia

関連記事

藤猛

堀川まゆみ

水沢アキ