ヨイトマケの唄(唄:丸山明宏)1965年

昭和・60年代邦楽・丸山明宏・ヨイトマケの唄

1045

出典:youtube

リアルタイムで聴いていたときも、なんか気になって気になってしかたない唄でした。かあちゃんのためなら えんやこーらー が、心に響きまくってましたね〜。放送禁止歌に指定され、一時期姿を消してましたが、今では多くのミュージシャンがカバーしてますね!!
この唄を唄うと、幼い頃の自分と重ね合わせて、思わず目頭が熱くなってしまいます。

◎作詞・◎作曲:丸山明宏

“父(とう)ちゃんのためなら エンヤコラ
母(かあ)ちゃんのためなら エンヤコラ
もひとつおまけに エンヤコラ”

今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの子守唄
工事現場の ひるやすみ
たばこふかして 目を閉じりゃ
聞こえてくるよ あの唄が
働く土方の あの唄が
貧しい土方の あの唄が

子供の頃に 小学校で
ヨイトマケの子供 きたない子供と
いじめぬかれて はやされて
くやし涙に くれながら
泣いて帰った 道すがら
母(かあ)ちゃんの働く とこを見た
母(かあ)ちゃんの働く とこを見た

姉(あね)さんかむりで 泥にまみれて
日に灼(や)けながら 汗を流して
男にまじって 網を引き
天にむかって 声をあげて
力の限りに うたってた
母(かあ)ちゃんの働く とこを見た
母(かあ)ちゃんの働く とこを見た

慰(なぐさ)めてもらおう 抱いてもらおうと
息をはずませ 帰ってはきたが
母(かあ)ちゃんの姿 見たときに
泣いた涙も 忘れはて
帰って行ったよ 学校へ
勉強するよと 云いながら
勉強するよと 云いながら

あれから何年 たった事だろ
高校も出たし 大学も出た
今じゃ機械の 世の中で
おまけに僕は エンジニア
苦労苦労で 死んでった
母(かあ)ちゃん見てくれ この姿
母(かあ)ちゃん見てくれ この姿

何度か僕も グレかけたけど
やくざな道は ふまずにすんだ
どんなきれいな 唄よりも
どんなきれいな 声よりも
僕をはげまし 慰めた
母(かあ)ちゃんの唄こそ 世界一
母(かあ)ちゃんの唄こそ 世界一

今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの子守唄
“父(とう)ちゃんのためなら エンヤコラ”
“子供のためなら エンヤコラ”