青春の影(唄:チューリップ・財津和夫)1974年

昭和・70年代邦楽・チューリップ・財津和夫・青春の影

2363

これは随分後の1982年の映像のようです。

出典:youtube

チューリップの『青春の影』。うーん、なんとも言え無い、あの頃の感情が蘇ります。大好きでした!
心に沁みわたる旋律で、何度も何度も聴き入った曲でした!

◎作詞・◎作曲:財津和夫

君の心へ続く永い一本道は
いつも僕を勇気づけた
とてもとてもけわしく細い道だったけど
今君を迎えにゆこう
自分の大きな夢を追うことが
今迄の僕の仕事だったけど
君を幸せにするそれこそが
これからの僕の生きるしるし

愛を知ったために涙がはこばれて
君のひとみをこぼれたとき
恋のよろこびは愛のきびしさへの
かけはしにすぎないと
ただ風の中にたたずんで
君はやがてみつけていった
ただ風に涙をあずけて
君は女になっていった

君の家へ続くあの道を
今足もとにたしかめて
今日からは君はただの女
今日から僕はただの男