冬の星座(文部省唱歌)

昭和・子どの頃に唄った歌・冬の星座

1772


出典:youtube

大好きな歌でした。
心が洗われるような感覚。
あの時のあの感情が蘇る。

木枯しとだえて さゆる空より
地上に降りしく 奇(くす)しき光よ
ものみないこえる しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

ほのぼの明かりて 流るる銀河
オリオン舞い立ち スバルはさざめく
無窮をゆびさす 北斗の針と
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

“「冬の星座」(ふゆのせいざ)は、堀内敬三作詞の日本の唱歌。1947年(昭和22年)発行の国定教科書『中等音楽』に掲載された。2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれている。
メロディーには、1871年にウィリアム・ヘイス(William S. Hays, 1837 – 1907)によって作詞・作曲されたアメリカ合衆国のポピュラー・ソング「愛しのモーリー」(Mollie Darling)が用いられている。詞は新たに作られたもので、翻訳曲ではない。なお、日本では「冬の星座」以前にも、中村秋香(1841 – 1910)が作詞した唱歌「他郷の月」が「愛しのモーリー」のメロディーを使用している。”
引用:Wikipedia