宇宙大作戦(69年4月〜70年1月)・宇宙パトロール(72年4月〜74年3月)

昭和・テレビ番組・宇宙大作戦/宇宙パトロール

1376

ああ、スポックの尖った耳が脳裏から離れない^^
海外の宇宙ものって、テレビドラマでもお金かかってるーって、小学生の時思ってましたねー^
宇宙人が存在するのかどうか?みたいなことではなく、23世紀の未来当然宇宙人はいて、我々は地球人という立ち位置で惑星連邦を組織する、イメージするだけで半分怖いのとワクワク感で夢中で見た番組でした^^


出典:youtube

ストーリー
“「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない」23世紀、超光速航行技術を開発した地球人はバルカン人などいくつかの種族と惑星連邦を結成していた。その惑星連邦を守護し、深宇宙探査・防衛・外交・巡視・救難などあらゆる任務を行うのが惑星連邦宇宙艦隊であり、その宇宙艦隊の最新鋭艦が、カーク船長率いる宇宙船U.S.S.エンタープライズ号であった。「これは人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立った、宇宙船U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である」”
◎引用:wikipedia