乙女のワルツ(唄:伊藤咲子)1975年

昭和・歌謡曲・伊藤咲子・乙女のワルツ

7110

乙女のワルツ、いつ聴いてもいいですねー。
あの頃にとくべつな想いになったことが蘇ります。


出典:youtube

◎作詞:阿久悠
◎作曲:三木たかし

好きといえばいいのに
いつもいえぬままに
月が上る小道を 泣いて帰った
白く咲いてる野の花を
つんで願いをかける
どうぞ 愛があなたにとどくようにと

好きなひとはいつしか
他のひとをつれて
遠い町へ旅立つ 何も知らずに
駅のホームのはずれから
そっと別れをいって
それで 愛が悲しく消えてしまった

小雨降る日はせつなくて
ひとり涙を流し
つらいだけの初恋 乙女のワルツ