長崎の女(唄:春日八郎)1963年

昭和・歌謡曲・春日八郎・長崎の女

728


出典:youtube niro1211 様

1963年、春日八郎さんが唄った、『長崎の女』ヒット曲ですね!この曲いいなあ。長崎にぴったりな旋律。歌詞。
数ある長崎を舞台にした曲の中でも名曲中の名曲です。

◎作詞:たなかゆきお
◎作曲:林伊佐緒

1 恋の涙か 蘇鉄(そてつ)の花が
風にこぼれる石畳
噂にすがり ただ一人
尋ねあぐんだ港町
ああ 長崎の 長崎の女(ひと)

2 海を見下ろす外人墓地で
君と別れた霧の夜
サファイヤ色のまなざしが
燃える心にまだ残る
ああ 長崎の 長崎の女

3 夢をまさぐるオランダ坂に
しのび泣くよな夜が来る
忘れることが幸せと
遠く囁(ささや)く鐘の音

ああ 長崎の 長崎の女