琵琶湖周航の歌(唄:カバー・加藤登紀子)1971年

昭和・邦楽・琵琶湖周航の歌

1245

 出典:dailymotion

古くから歌い継がれた琵琶湖周航の歌を71年に加藤登紀子さんがカバー。
これが大ヒットしましたね!
なんども唄いました。
唄ってみるとわかる歌詞の素晴らしさ、唄いながら胸が熱くなった当時の感情がよみがえります。

我は湖(うみ)の子 放浪(さすらい)の
旅にしあれば しみじみと
昇るさ霧(ぎり)や さざなみの

滋賀の都よ いざさらば

松は緑に 砂白き
雄松(おまつ)が里の 乙女子は
赤い椿の 森蔭に
はかない恋に 泣くとかや

波のまにまに 漂えば
赤い泊火(とまりび) 懐(なつか)しみ
行方(ゆくえ)定めぬ 浪枕
今日は今津か 長浜か

瑠璃(るり)の花園 珊瑚の宮
古い伝えの 竹生島(ちくぶじま)
仏のみ手に 抱かれて
眠れ乙女子 安らけく