70年式、プリンス グロリア スーパーデラックス HA30

昭和・旧車・プリンス・グロリア・スーパーデラックス HA30

901

“のちにセドリックと兄弟車の関係になるグロリアは、プリンス自動車工業の最高級の乗用車として誕生しました。3代目となるA30型は1967(昭和42)年発売で、日産とプリンスの合併後初の新型車として注目を浴びました。エクステリアは、プリンスが開発した貴賓用リムジン「ロイヤル」と同様に縦4灯式のフロントマスクが特徴で、ワイド感のある直線基調のボディは均整のとれたプロポーションで人気となりました。このクルマは1970(昭和45)年の最終型で、プリンス設計のG7型エンジンに替わり日産設計のL20型直列6気筒SOHCエンジンを搭載しています。”
◎引用:日産ヘリテージコレクション表示

162