70年式、トヨタセリカ TA22型

昭和・旧車・トヨタ・セリカ・TA22型

13842

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “1970年12月、力リーナと同時に登場したセリ力は、わが国初の本格的スペシャルティカーとして、それまでのセダンベースとはまったく異なったスタイリッシュな2ドアクーペであった。これに上級モデルは高性能ツインカムを組み合わせ、高速安定性やコーナリング性能など優れたトータルバランスを持ち、どんな好みにも対応できるフルチョイスシステムを採用。価格も57万円から100万円まで幅広く設定された。”
◎引用:トヨタ博物館表示

The Celica made its debut in December of 1970, at the same time as the Carina. Designed as Japan’s first authentic specialty car, this stylish and spacious 2-door coupe departed radically from the sedan-derived coupes that had been common up until then. Luxury grade models featured high-performance twin cams, high-speed stability, and superior cornering performance for outstanding total balance. The Celica also adopted the “full choice” system in options to fit users’ needs. Its price range varied according to the options chosen, from ¥570,000 to ¥1,000,000.