70年式、ヤマハ FT-1

昭和・旧車・バイク・ヤマハ FT-1

882

“本格的なダブルクレードルフレームにロータリーディスクバルブ吸気の2ストローク・50ccエンジン、セリアーニ式フロントフォーク、セパレートメーターなどを採用。コンパクトサイズの小排気量モデルながら、充実した装備と軽快な走りで人気を集め、「ミニトレール」というジャンルの草分けとなった。”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ表示

1970 FT-1
This model pioneered the “mini-trail” category. It mounted a rotary disk valve, 2-stroke, 50cc engine on a compact chassis with a full-fledged double cradle frame, a Ceriani type front fork and separate meters. Despite its compact size and small displacement, this model became popular for its full array of features and light, spirited running performance.

ft1

ft12

関連記事