70年式、ヤマハ FT-1

昭和・旧車・バイク・ヤマハ FT-1

3664

“本格的なダブルクレードルフレームにロータリーディスクバルブ吸気の2ストローク・50ccエンジン、セリアーニ式フロントフォーク、セパレートメーターなどを採用。コンパクトサイズの小排気量モデルながら、充実した装備と軽快な走りで人気を集め、「ミニトレール」というジャンルの草分けとなった。”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ表示

1970 FT-1
This model pioneered the “mini-trail” category. It mounted a rotary disk valve, 2-stroke, 50cc engine on a compact chassis with a full-fledged double cradle frame, a Ceriani type front fork and separate meters. Despite its compact size and small displacement, this model became popular for its full array of features and light, spirited running performance.