58年式、スバル360 k111型

昭和・旧車・スバル・360k111型

783

◎撮影場所 トヨタ博物館

“もともと航空機メーカーであった中島飛行機の技術が生かされたスバル360は、わが国初期の軽自動車としてもっとも成功した一台であろう。モノコック構造のボディと、トーションバーによるサスペンションは軽自動車とは思えない広い室内スペースを持ち、快適な乗り心地を実現していたのである。発売当初の価格は42.5万円。これをのぞけば国民車構想の条件を満たすものとして、絶大な人気を博したのである。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Fuji Heavy Industries Ltd., originally an airplane manufacturer (Nakajima Aircraft Company), built the Subaru 360, the first successful minivehicle in Japan. It had a monocoque body with a torsion bar spring for suspension and a surprisingly spacious cabin for its size, achieving a very comfortable ride. Except for the stiff initial price of ¥425,000, it completely satisfied the vision of a “people’s car” and proved to be extremely popular.