春夏秋冬(唄:泉谷しげる)1972年

昭和・70年代邦楽・フォークソング・泉谷しげる・春夏秋冬。

1712

『春夏秋冬』あたらめて聴き直すと、やっぱりいいですねー。名曲だ!!泉谷しげるさんの感性って、渋さの中に繊細さがあって素敵だなあ。当時うーんフォークっていいなあって感じさせてくれたシンガーでした。

フルコーラス

出典:youtube

彼の魅力満載の動画^^

出典:youtube

◎作詞・◎作曲:泉谷しげる

季節のない街に生まれ
風のない丘に育ち
夢のない家を出て
愛のない人にあう

人のためによかれと思い
西から東へ かけずりまわる
やっと みつけたやさしさは
いともたやすくしなびた

春をながめる余裕もなく
夏をのりきる力もなく
秋の枯葉に身をつつみ
冬に骨身をさらけだす

今日ですべてが終るさ
今日ですべてが変わる
今日ですべてがむくわれる
今日ですべてが始まるさ

季節のない街に生まれ
風のない丘に育ち
夢のない家を出て
愛のない人にあう

となりを横目でのぞき
自分の道を たしかめる
また ひとつ ずるくなった
当分 てれ笑いが つづく

きたないところですが
ヒマがあったら寄ってみて下さい
ほんのついででいいんです
一度よってみて下さい

今日ですべてが終るさ
今日ですべてが変わる
今日ですべてがむくわれる
今日ですべてが始まるさ