映画 スティング(日本公開1974年)

昭和・70年代洋画・スティング

6234

『明日に向って撃て!』に続き、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの共演でしたね!古き良きアメリカを感じ取れた、思い出深い映画でした。あ、それから映画は見てなくても、ラグタイムのテーマ曲、エンターテイナーは、一度は耳にしてますね^^

こちらはサントラ盤、よく耳にしたテーマ曲は11’42″あたりから。。

出典:youtube Movieclips

 “『スティング』(The Sting)は、1973年公開のアメリカ映画。製作会社はユニバーサル・ピクチャーズで、監督はジョージ・ロイ・ヒル。アメリカン・ニューシネマの代表作『明日に向って撃て!』で共演したポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再共演を果たし大ヒットした。
1936年のシカゴを舞台に詐欺で日銭を稼ぐ1人の若者が、親同然の師匠を殺害したギャングに復讐するために伝説的な賭博師と協力し、得意のイカサマで相手組織を徐々に追い詰めていく様を軽快に描いたコメディ映画。信用詐欺(コン・ゲーム en:Confidence trick)を扱った代表的な映画である。
第46回アカデミー賞作品賞受賞作品。また、2005年に合衆国・国立フィルム保存委員会がアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録した作品の1つである。
原題の「Sting」は本来は英語で「ブッスリ・グッサリと強烈に突き刺す」「とどめを刺す」と言う意味だが、ここでは「騙す、法外な代金を請求する、ぼったくる」という俗語。”
◎引用:wikipedia