ラストソング(山口百恵)1978年

昭和・70年代邦楽・谷村新司・山口百恵・ラストソング

35144


出典:youtube

この曲を2008年頃、ふとしたきっかけで、聞いてしまいました。
百恵ちゃんが1978年にこんな素晴らしい歌を唄っていたのかあ、、
改めて、彼女の魅力に衝撃を覚えました。
谷村新司さんの作詞作曲、
ただ一言、素晴らしい!に尽きる感動の名曲。

◎唄:山口百恵
◎作詞・◎作曲:谷村新司

最後のライトは消さないで
せめて拍手が終わるまで
恋をすることさえも許されないで
歌い続けてきた私
せめてこの歌は貴方に

客席にはいつもの貴方がいて
となりには貴方の愛する人が
何も知らずにほほえんでいる

たった一度のあやまちを
貴方は悔やんでいるかしら
たった一度の恋のあやまちだけが
私をささえてくれたのに

明日から一人で歩いてく
少しは大人になれたもの
もう二度と逢わないと心に決めて
涙みせずに歌うから
せめて心だけ受け止めて

明日になれば貴方は祭壇の前で
新しい愛を永遠に誓う
だから今日までは私の貴方

最後のライトは消さないで
せめて拍手が終わるまで
恋をすることさえも許されないで
歌い続けてきた私
せめてこの歌は貴方に
せめてこの歌は貴方に