68年式、ヤマハ トレール 250 DT-1 

昭和・旧車・バイク・ヤマハDT1

891

“「道なき道を行く」イメージをそのまま具現化するため、オンロードモデルから派生したスクランブラーを脱却。当時、国産車最長のストロークを誇ったセリアーニ式フロントフォーク、オートルーブ、5ポートピストンバルブエンジン、大径ブロックパターンタイヤ、エンジンガードなど、オフロード走行に焦点を絞ったテクノロジーや装備をふんだんに投入し、「トレール」という新しいジャンルを築き上げた。”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ表示

At a time when there was no clear distinction between on-road and off-road bikes, the DT-1 succeeded in creating a new category known as “trail bikes.” It boasted technologies and functions expressly for off-road riding like a front fork with the longest stroke of any Japanese model at the time, wide-radius block-pattern tires, an engine guard and more. The DT-1 was explosively popular in the U.S. where off-road sport riding was popular. In Japan, it led to the creation of “Trail Riding Courses” and “Trail Land” riding facilities that opened up a new world of riding enjoyment.