初恋の人(唄:小川知子)1969年

昭和・歌謡曲・小川知子・初恋の人

8345

リアルタイムでの小川知子さんの印象は、
素敵なお姉さん。
唄についてはそれほどフックしたわけではなかったけれど、
84年に谷村新司さんとデュエットした「忘れていいの」で、
歌唱力に気づきました。
そして、この「初恋の人」。
69年1月にリリースしたばかりの翌月の2月、恋人が事故死。
直後の『夜のヒットスタジオ』で「初恋のひと」を歌いながら泣き崩れた逸話は有名ですね。。


出典:dailymotion

◎作詞:有馬三恵子
◎作曲鈴木淳

1 そよ風みたいにしのぶ あの人はもう
私の事などみんな 忘れたかしら
のばらをいつも 両手に抱いて
朝の窓辺に 届けてくれた
なぜだか逢えなくなって 恋しい人なの

2 麦わら帽子のような 匂いをさせて
私を海辺へつれて 走った人よ
光の中を もつれるように
はずんだ胸は 熱かったわね
懐かしがっても遠い 夢の人なの

小麦色した あの日の笑顔
私一人が 知っているのに
今なら恋だとわかる はるかな人なの