映画 ある愛の詩(日本公開1971年)

昭和・70年代洋画・ある愛の詩

1303

「愛とは決して後悔しないこと」でしたね!
この映画は残念ながらシアターで見るチャンスなく、77年にテレビで見ました。
吹き替えが、三浦友和、山口百恵、話題のカップルの吹き替えで、
これも当時話題になりました。
フランシス・レイの音楽も良かったなあ〜。

 

Love Story – Originally sung by Andy Williams

出典:youtube jundelacruz0722 様

Skating In Central Park(セントラルパークにて):サウンドトラック
出典:youtube annakorsetta 様

(ストーリー)
“富豪の息子と庶民の娘との悲恋物語。
裕福で代々ハーバード大学出身という家柄であるオリバーは、家柄違いのラドクリフ大学(ハーバード大学関連の女子大学)のジェニファーと恋に落ち、オリバーの父親の反対を押し切り結婚する。
2人が24歳になったある日、ジェニファーの命が白血病で残り少ないことが判明し闘病生活に入る。オリバーは高額の医療費を自分の父親に求めるが、彼女の病状は好転せず亡くなってしまう。
オリバーと和解した父親との短い会話の中で「愛とは決して後悔しないこと」(Love means never having to say you’re sorry)という生前ジェニファーがオリバーに残した言葉をオリバーが語り、オリバーは2人の思い出の場所に行き、その場所を眺める。”
◎引用:wikipedia