そっとおやすみ(唄:布施明)1970年

昭和・歌謡曲・布施明・そっとおやすみ

2041

歌謡曲といっても、布施明さんの歌唱力は、
どんな曲でも歌いこなしてましたね!
この「そっとおやすみは」、大ヒット、とまではいきませんでしたが、
今でも多くの方が愛唱し続ける、愛され続ける名曲ですね!


出典:dailymotion

◎作詞・作曲:クニ河内

化粧の後の かがみの前で
いつも貴方の 手を借りた
背中のボタンが とめにくい
一人ぼっちの部屋で 今は居ない貴方に
そっとそっと おやすみなさい

もう陽にやけた タタミのにおい
白いフスマに 傷ついた
けんかの名残りも 悲しそう
一人ぼっちの部屋で 今は居ない貴方に
そっとそっと おやすみなさい

別れの夜の 涙のしずく
星も流れて 散ってゆく
今夜のベッドも 冷たそう
一人ぼっちの部屋で 今は居ない貴方に
そっとそっと おやすみなさい
そっとそっと おやすみなさい