72年式 スカイライン ハードトップ 2000GT-X KGC10

昭和・旧車・日産・スカイライン・ハードトップ 2000GT-X KGC10

1544

“1968年(昭和43年)の8月、スカイラインはフルモデルチェンジを行い、3代目となるC10型に生まれ変わりました。C10型は、日産自動車とプリンス自動車工業の合併後初のスカイラインということで、大きな注目を集めました。初期には1.5ℓと2ℓエンジンの4ドアセダン、1.5ℓのワゴン/バンで構成されていましたが、超高性能版の「2000GT-R」や1.8ℓエンジンを加えて徐々にワイドバリエーション化。1970(昭和45)年にはホイールベースを70mm短縮したスタイリッシュな2ドアハードトップシリーズも加わりました。さらに、翌年9月には、2000 GT の上位モデルとして、SU ツインキャブで130馬力にまでパワーアップした2000GT-Xを追加。走りのスカイラインの実力を、さらに高めると同時に、当時はまだ珍しかったパワーウインドウなどの豪華装備でも人気を呼びました。このクルマは1972年の2000GT-X仕様で、そのGTバッジは、金/白が用いられていました。”
◎引用:日産ヘリテージコレクション表示

The C10 (third generation) was launched in 1968, representing the first full model change since the Nissan-Prince merger. Starting with the 1500, 1800 and 2000, it offered a hardtop version two years later in October 1970. The 2000 GT-X, which appeared in September 1971, was an upgrade to the 2000GT. It was powered by a L20, SU twin-carb (high-octane, 130PS) engine, and power windows came as standard.