終わりのない歌(唄:惣領智子)1978年

1993

惣領智子(そうりょうともこ)さんが1978年に唄った、
大原麗子主演のテレビ番組「愛がわたしを」の主題歌。
心に響きわたる名曲です。

『愛がわたしを:あらすじ』(主演:大原麗子)
“男性週刊誌の編集部を舞台に繰り広げられる、傷ついた過去をもつ男と女の愛を描く。
「週刊プレイガイ」編集部のグラビア担当編集者・川瀬加津子は、ヌードグラビア専門の下請けプロダクションの社長楠田浩介と愛し合っていた。だが、加津子は浩介の友人保と結婚する。幸せな結婚生活も、保が自動車事故で植物化人間になってしまい、崩れて行く。生活を支え、仕事に生きる女の心に忍び寄る愛。”
◎引用:wikipedia


出典:youtube 山田太郎 様

◎唄/惣領智子
◎作詞/及川恒平、◎作曲、編曲/惣領泰即、

ゆうべは 淋しさに 震えて眠って 夢を 見た
もつれた糸のように あなたと私と  誰かと
過ぎ去れば 思い出になる 今をちょっと 耐えれば
私は ここに いるわ いるわ

終りのない 歌を うたっているのは 私です
時には声かすれ 人には 聴こえぬ 歌です
でも今が 一番好きよ すこし曇り空でも

誰か 私を 抱いて 抱いて

でも今が 一番好きよ すこし曇り空でも

誰か 私を 抱いて 抱いて mmm〜

 

口臭が気になる方へ、人気の口臭対策ベストチョイス!