ジャンケンケンちゃん(1969年4月〜)

昭和・テレビ番組・ジャンケンケンちゃん

10420

ケンちゃんが、「チャコねえちゃん」で初登場。
次の「チャコとケンちゃん」を経て、3作目で、初めて一人で登場した、
ケンちゃんシリーズの第1作目にあたる番組でした。
私の場合、チャコちゃんからずーっと見てきて、
欠かさず見たのは、このシリーズまでだったかなあ。。。


出典:dailymotion

“チャコちゃん役の四方晴美の降板に伴い、宮脇康之(現:健)扮するケンちゃん(ケンイチ)を主人公にした『ケンちゃんシリーズ』の記念すべき第1作。
本作ではケンちゃんがシリーズ唯一の「一人っ子」という設定であり、内容も後の「道徳ドラマ」的ではなく、毎回ケンちゃんがいたずらやケンカなどの騒動を起こすというもので、後年の国際放映作品『あばれはっちゃく』(テレビ朝日系列)に近い。またケンちゃんの一家は「大山運送店」という設定だが、「ケンちゃん一家は店を出している」という設定はこの後も使われる(「ケンちゃんトコちゃん」を除く)。
お母さん役の岸久美子がシリーズ初出演、以後大半の作品でお母さんを演じる。”
◎引用:wikipedia