ぼくらの町は川っぷち(1964年)

昭和・子供の頃に唄った歌・みんなのうた・ぼくらの町は川っぷち

7823

これは好きでしたね!
今でもときおり口ずさんでます。

NHKのみんなのうた、1964年、倍賞千恵子さんが唄ったのが最初、
つぎに1966年に、大阪放送児童合唱団が唄ったものが放送されました。

そして、現在音源として一般に存在するのは、
東京の西六郷少年少女合唱団さんが唄ったもの。
団歌として大切に唄い繋いでいらっしゃるようです。感謝です。

◎作詞:峯 陽
◎作曲:林 光

ぼくらの町(まち)は川(かわ)っぷち 煙突(えんとつ)だらけの 町なんだ
太(ふと)い煙突 こんにちは 高(たか)い煙突 またあした
川のむこうに 日がのぼり 煙突のけむりに 日が沈(しず)む
そんな ぼくらの町なんだ

ぼくらの町は川っぷち 煙突だらけの 町なんだ
低(ひく)い煙突 背(せ)のびしろ 細(ほそ)い煙突 かぜひくな
父(とう)さん母(かあ)さん かえるまで 煙突の林(はやし)で おにごっこ
そんな ぼくらの町なんだ

ぼくらの町は川っぷち 煙突だらけの 町なんだ
白(しろ)い煙突 うたってくれ 黒(くろ)い煙突 おんちだな
昼(ひる)でも夜(よる)でも 元気(げんき)よく けむりをはいて 歌(うた)ってる
そんな ぼくらの町なんだ