65年式、ダイハツ コンパーノ スパイダー、F40K型

昭和・旧車・ダイハツ・コンパーノスパイダーF40K型

4809

◎撮影場所 トヨタ博物館

“コンパーノ ベルリーナ800をオープンにしたファミリースポーツモデルで、1リッターの高出力型エンジンを載せ、足まわりを硬めにして最高速度145km/hを出した。当時は日本グランプリレースの開催や名神高速道路の開通などが相次いで、各社がスポーツカーや乗用車派生のスポーティモデルを競って商品に加えた時期であった。”
◎引用:トヨタ博物館表示

This family-use sports convertible was based on the Compagno Berlina 800. Featuring a 1-liter high-power engine and a reinforced chassis, the Spider F40K had a maximum speed of 145 km/h. The growth of the passenger car market at that time was accelerated by such events as the Japanese Grand Prix and the opening of the Meishin Expressway. Consequently, automakers vied with each other to launch sports cars, and also added sporty derivatives of existing passenger cars to their product lines.