☆番外編(クラシック)12年(大正1年)式.キャデラック モデル サーティ(U.S.A/GM)

昭和・旧車・クラシックカー・キャデラック・モデル サーティ

26

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “エンジンスタートに関しては、この頃圧縮空気や強いスプリングを使用したものなどによる、さまざまな自動始動装置が試されたが成功することはなかった。ところが1911年7月に公開されたキャデラックの試作車は、画期的なセルフスターターを備えていた。6Vバッテリーをいためることなく、瞬間的に24Vのパワーでモーターを回す新しいタイプの電動始動機は、女性でも作動させやすいようになった。また、キャデラックはこの始動装置のほか、電気式ヘッドライトを標準装備としたのも大きな特徴であった。”
◎引用・トヨタ博物館表示

Various types of automobile self-starters were experimented with in the early 1900s, including systems powered by compressed air, springs, and so forth, but none was successful — until July 1911, when a new Cadillac prototype came equipped with a revolutionary self-starter. The device could momentarily generate 24 volts of electricity, allowing it to turn over the motor without damaging the regular 6-volt battery. This new electric starter eliminated the inconvenience of the engine hand crank and enabled everyone, including ladies, to start the car with ease. The Cadillac also came standard-equipped with electric headlights, which were another novel feature of this model.