☆番外編(クラシック)14年(大正3年)式.スタッツ ベアキャット シリーズF(U.S.A./Stutz)

昭和・旧車・クラシックカー・スタッツ ベアキャット シリーズF

87

◎撮影場所 トヨタ博物館

“スタッツはアメリ力のスポーツカーを語る上でなくてはならない存在である。1911年の1号車からインディアナポリス500マイルレースに出場。その直後に送り出した市販車からスポーツタイプだった。なかでも、多くのレースで勝利を収めたスタッツでもっとも有名なモデルが、1914年に発売されたベアキャットであろう。ベアシャシーの上にバケットシートと枕型のガソリンタンク、スペアタイヤを備えただけの風防すら持たない、簡素かつ野性的なロードスターは人気が高く、1925年まで生産は続けられた。”
◎引用:トヨタ博物館表示

No history of American sports cars would be complete without mention of Stutz. The first Stutz, built in 1911, was entered for the Indianapolis 500-mile race, and many of the firm’s production cars — including those released shortly after its first Indy 500 race — were also sporty models. Of the many Stutz cars that proved victorious in races, perhaps the most famous was the Bearcat. Released in 1914, the Bearcat was a spartan roadster with nothing but two bucket seats, a pillow-shaped fuel tank, and a spare tire on a bare chassis. Even the windshield was dispensed with, a small disc of glass attached to the steering column serving in its place. This spare yet wildly attractive roadster was so popular that it continued to be produced until 1925.