☆番外編(クラシック)13年(大正2年)プジョー ベベ(France/Peugeot)

昭和・旧車・クラシックカー・プジョー ベベ

203

◎撮影場所 トヨタ博物館

“フランスのプジョーも早くから大衆向けの小型車の開発に努め、1905年、年間400台も販売された画期的な大衆車、最初のベベを完成させていた。そのコンセプトにもとづいて1913年、エットーレ・ブガッティが設計したのがこのプジョー・ベベということになる。ユニークな機構や当時としては小さなエンジンを備えたミニマムなオープン2座はフランスの大衆に自動車の楽しさと便利さを教えたことはいうまでもない。1916年までに3,000台以上も生産されたのである。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Peugeot Bebe
From its early days, Peugeot had been keen on developing small cars for the French public. In 1905, the carmaker completed the first Bébé, an epoch-making popular car that sold as many as 400 units a year. It was Ettore Bugatti, however, who further advanced the car’s original concept with the new Peugeot Bébé in 1913. The sparsely equipped open 2-seater came with unique mechanisms and a small engine for its time, familiarizing the French people with the joy and convenience of having a car in their life. By 1916, more than 3,000 units were manufactured.