☆番外編(クラシック)25年(大正14年)式.シトロエン 5CV タイプC3(France/Citroen)

昭和・旧車・クラシックカー・シトロエン 5CV タイプC3

228

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “「フランスのフォードでありたい」アンドレ・シトロエンの言葉である。彼は創業当時から量産方式を採用、大衆車メーカーを目指して生産を開始した。1922年、大型車の機能と構造をそのままスケールダウンしたヒット作であるタイプC、通称5CVを送り出す。個性的なボートテールからわが国ではセミと呼ばれ、翌’23年にはホイールベースを延長して3人乗りのC3に発展。さらに実用的なものとなったのである。この5CVがフランス大衆車の母体であることはいうまでもない。”
◎引用:トヨタ自動車博物館表示

Citroen 5CV Type C3
Setting his sights on becoming the “Henry Ford of France,” André Citroën adopted the mass-production approach from the outset to produce cars for the general public. In 1922, he released the Citroën Type C, commonly known as the 5CV, which became an instant success by providing the structure and mechanisms of a larger car in a scaled-down body. Because of its unique boat-tail design, the 5CV was affectionately called the “cicada” in Japan. The 5CV also brought forth a derivative called the 3C in 1923, which was a practical 3-seater with an extended wheelbase. The continued popularity of the 5CV made it the earliest French car for the masses.
◎Source:TOYOTA AUTOMOBILE MUSEUM