☆番外編(クラシック)32年(昭和07年)式.シボレー コンフィデレイト シリーズBA(U.S.A./Chevrolet)

48

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “1920年代、フォードとの闘いは激化していた。フォードは27年にモデルAを発表、シボレーも’29年から主力車種に6気筒をつみ込んで対抗した。こうした実用車のハイグレード化のなかにあって1932年のシボレーは、キャデラックV16をスケールダウンしたような豪華なスタイリングを特徴とした。もちろん、インテリアに至るまで美しく化粧され、装備も充実。大型高級車と違うところはそのサイズのみで、“ベビーキャデラック”の愛称で人々に親しまれた。”
◎引用:トヨタ博物館

During the 1920s, Chevrolet’s battle with Ford intensified. As Ford released the Model A in 1927, Chevrolet countered by mounting a 6-cylinder engine to its flagship model in 1929. The competition to produce higher-grade economy cars continued to escalate, reaching a high point in 1932, when Chevrolet released a lavishly equipped car featuring a stylish exterior and a gorgeous interior reminiscent of a scaled-down Cadillac V16, which earned it the nickname “Baby Cadillac.”