☆番外編(クラシック)36年(昭和11年)式.フィアット 500 “トッポリーノ” (Italy/Fiat)

昭和・旧車・クラシックカー・Fiat・500 トッポリーノ

273

◎撮影場所 トヨタ博物館

“トッポリーノの愛称で親しまれ、のちにイタリア中を走り回る小ネズミ“フィアット500”は1936年に完成した。当時の技術ではむずかしいといわれた500ccクラスの小型車で、ミニマムななかに充分な居住スペースを確保。しかも4輪油圧ブレーキなど大型車と変わらない贅沢なメカニズムを備えていたことは驚くべきことであり、それまでのように大型車のスケールダウンではなく、独自の設計から生まれたことも高く評価できる。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Fiat 500 “Topolino” (1936, Italy)
Known by its nickname “Topolino,” the small Fiat 500 was seen scurrying about everywhere in Italy soon after its release in 1936. The 500 cc-class small car defied many technological limitations of the time, creating an adequate cabin space in a small body and providing elaborate mechanisms often found only in larger cars, such as the 4-wheel hydraulic brake system. The feat was all the more remarkable because the car was not a conventional scaled-down version of a larger model, but was designed from scratch.