☆番外編(クラシック)39年(昭和14年)式.パッカード トゥエルヴ “(U.S.A/Packard)

昭和・旧車・クラシックカー・パッカード トゥエルヴ

228

◎撮影場所 トヨタ博物館

“1915年に登場して一躍’20年代の花形になったパッカード・トゥインシックスは、’30年代に向かって大きな変貌を遂げるとともに、名前もパッカード・トゥエルヴに変更されました。そして、この新しいモデルを語るとき、なくてはならない人物がアメリ力大統領フランクリン・デラノウ・ルーズヴェルトであろう。彼もまた、パッカードを選び、その信頼性と豪快なパワーに魅せられたひとりだったのである。この専用車は、12気筒がのせられた最後の年、1939年につくられたもので、格式の高いロールソン(ロールストン)がボディを架装。防弾ガラスをはじめ大統領専用の補強は装甲車並みだが、軽快なツーリングボディはルーズヴェルトの笑顔とともに華やかなアメリ力の象徴である。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Packard Twelve “Roosevelt’s Car”
Released in 1915, the Packard Twin Six with a V12 engine quickly gained popularity, and went on to dominate the social scene in the 1920s. In the early 1930s, the Twin Six was reintroduced with major changes, and was soon renamed the Packard Twelve. This model has often been associated with President Franklin Delano Roosevelt, because he selected it as his presidential limousine for its reliability and majestic power. The model in our collection dates from 1939, the last year Packard ever produced a V12 car. The stately body was made by Rollson Inc. (formerly Rollston), a distinguished coachbuilder. Despite the heavy armor plating and bullet-proof glass it carries, the presidential limousine appears sleek and elegant, as if to reflect the easygoing personality of FDR.