☆番外編(クラシック)47年(昭和22年)式.チシタリア 202クーペ(Italy/Cisitalia)

昭和・旧車・クラシックカー・チシタリア 202クーペ

400

◎撮影場所 トヨタ博物館

“チシタリアはイタリアの大富豪ピエロ・ドゥジオが第2次世界大戦後に興したスポーツカーメーカー。フィアットのエンジンを使い数多くのレースで活躍した。この202クーペはピニンファリーナのデザインによりボディとフェンダーを一体化した美しいスタイルで1951年ニューヨーク近代美術館の、現代の造形を代表する優秀なデザイン8車に選ばれ”動く彫刻”として永久展示されている。写真の車は1948年イタリアの公道レース、ミッレミリアに於いて5位入賞を果たした。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Cisitalia 202 Coupe
Sports car manufacturer Cisitalia was established by Italian tycoon Piero Dusio soon after WWII. The company distinguished itself in numerous races with cars fitted with Fiat engines. The Cisitalia 202 Coupe designed by Pinin Farina featured a beautiful body with integrated fenders. It was added to the permanent collection of the Museum of Modern Art in New York in 1951 as one of eight cars – or “moving sculptures” – that represented the best of modern auto body design. The 202 Coupe shown in this photo finished 5th at the Mille Miglia open-road race in Italy in 1948.