☆番外編(クラシック)48年(昭和23年)式.キャデラック シリーズ 60スペシャル(U.S.A/GM)

昭和・旧車・クラシックカー・キャデラック シリーズ 60スペシャル(U.S.A/GM)

185

◎撮影場所 トヨタ博物館

“第2次世界大戦後、しばらくは戦前型のマイナーチェンジを造り続けていたが、戦後初の本格的なモデルとして開発されたこの1948年型は、自動車業界初の曲面ガラスや、双胴の戦闘機の尾翼をモチーフとしたテールフィンなど、先進的なデザインが大きな反響を呼ぶとともに、その後の世界の自動車デザインに大きな影響を与えた。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Cadillac Series 60 Special
For some years after WWII, Cadillac offered nothing new except some souped-up prewar models. The fully redesigned 1948 model marked a departure from the past, however. Its futuristic design — including the industry’s first curved windshield and tailfins reminiscent of a twin-body fighter plane — struck a chord with consumers, and had an enormous impact on auto design throughout the world.