55年式、フォード サンダーバード(U.S.A/Ford)

昭和・旧車・クラシックカー・フォード サンダーバード

294

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “第2次大戦後のアメリカでブームなったヨーロッパ製スポーツカーに対抗して、GMは1953年に「シボレー・コルベット」を発売したが、フォードはサンダーバードを開発。
サンダーバードはスポーツカーではなく、パーソナルカーという位置付けで、同じ二人乗りながらV8エンジンも選べるスポーティで高級なパーソナルカーとして販売し、コルベットに比べて乗用車的な快適さを備えており人気を博した。屋根は着脱式のハードトップで、オープンカーとしてもクーペとしても楽しめた。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Ford Thunderbird
Seeing the enormous popularity enjoyed by European sports cars in postwar U.S., GM released the Chevrolet Corvette in 1953, but Ford took a different tack in developing the Thunderbird, which was positioned not as a sports car, but as a personal luxury car with a sporty V8 engine as an option. Although the Corvette and the Thunderbird were both 2-seaters, the sedan-like comfort of the latter made it more appealing to consumers. The model in our collection has a removable hardtop, making it possible to use the vehicle both as an open car and a coupe.
◎Source:TOYOTA AUTOMOBILE MUSEUM

フォード55①

フォード55②