69年式、スカイライン 2000GT-R PGC10

昭和・旧車・日産・プリンス・スカイライン・GTR/PGC10

2385

“プリンス自工との合併を経た1969年(昭和44年)2月、日産の技術の粋を集めた「スカイライン2000GT-R」が誕生しました。ツーリングカーレースを闘うために生まれたこの「GT-R」は、おとなしい外観のセダンボディ*に、打倒ポルシェを期して開発されたプロトタイプレーシングカー「R380」のノウハウを満載した、当時の常識を超えた高性能車でした。特にそのエンジンには、R380用エンジンを市販車用に再設計した、量産車として世界初の4バルブDOHC機構が採用されていました。 実戦では、発売から3ヶ月後の5月、「JAFグランプリ」にてデビューウィン。その後も、熟成開発を重ねながら台頭してくるライバルたちを抑え続け、ついに1972年(昭和47年)3月、前人未踏の累計50勝を達成。同年10月のワークス活動休止までに通算52勝、うち49勝は連勝という大記録を打ち立てたのです。*1970年秋からは2ドアハードトップボディ専用となります。”
◎日産ヘリテージコレクション表示

The C10 Skyline was launched in July 1968. After debuting at the Tokyo Motor Show in the autumn, the GT-R was launched in February 1969. The heart of the vehicle, the S20, is a descendant of the R380’s GR8, a high-performance DOHC 24-valve engine. It was famed for its top speed of 200km/h and its ability to cover 400m from a standing start in 16.1 seconds. It achieved its debut win at the 1969 JAF Grand Prix.