84年式、トヨタ MR2 AW11型

昭和・旧車・トヨタ・MR2/AW11型

5976

◎撮影場所 トヨタ博物館

“1983年秋の東京モーターショーに参考出品されたコンパクトなミッドシップ・エンジンのSV-3を、84年にMR-2の名で発売。
MR-2とはミッドシップ・ラナバルト・2シーターの頭文字を取ったもの。
日本初の市販ミッドシップスポーツとして、走りの楽しさを求める若者をターゲットに開発された。リトラクタブル・ヘッドランプを配した精悍な外形だけでなく、インテリアもスポーツ志向を満足させシートの背後にはカローラから譲り受けたDOHC16バルブエンジンが搭載された。
84~85年日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Toyota MR2 Model AW11 (1984, Japan)
The Toyota SV-3, a compact midship concept car exhibited at the Tokyo Motor Show in fall 1983, was placed on the market in 1984 under the name MR2, which stands for “midship runabout 2-seater.” Developed mainly for young people who loved driving, the MR2 became Japan’s first production midship sports car. It featured athletic styling with retractable headlamps and a matching interior, to the satisfaction of sporty-minded drivers. The DOHC 16-valve engine sourced from the Corolla was mounted right behind the seats. The MR2 claimed the 1984-1985 Car of the Year title.

MR2155

MR2255