85年式、日産、レパード 4ドアH/T 200X ZGX

昭和・旧車・日産・レパード 4ドアH/T 200X ZGX

1279

“「新ジャンルのニューエージカー」を掲げて登場した初代レパード。エクステリアはダイナミックなエアロフォルムが特徴で、当時の日本車最小となるランプ傾斜角(26.5度)のスラントノーズ、強い傾斜のAピラーなどにより、Cd値0.37の優れた空力性能を達成しました。インテリアは総ソフトトリムの豪華な仕上げのほか、世界初の電子マルチメーター、ドライブコンピュータ、日本初のオートボリュームコントロールオーディオ、チルト&テレスコピックステアリング、オートエアコン などの充実装備です。機構面ではゼロスクラブサスペンションやベンチレーテッドディスクブレーキが新機軸でした。最上級の「SF-L」は、日本初のオートレベライザーを搭載し、卓越したハンドリングを実現したモデルです。ボディ構成は4ドアと2ドアのハードトップで、エンジンはL28E、L20E、Z18S型の3機種、1981年(昭和56年)7月には、L20E型ターボが追加されました。また、1982年(昭和57年)9月にマイナーチェンジを受け、フロントグリルが透明樹脂製になりました。このクルマは、1982年のマイナーチェンジの際に登場したノンターボ系の最上位グレード、「200X ZGX」です。ASCD(クルーズコントロール)やオーディオスイッチを備えた、世界初の光通信ステアリングスイッチ、などが標準装備されていました。”
◎引用:日産ヘリテージコレクション表示

Leopard 4-door Hardtop 200X ZGX
The first-generation Leopard (F30), with its innovative styling and advanced technologies, was presented as a “new genre, new age car”, providing high performance and high quality. It was launched on September 30, 1980 with its sibling, the Leopard TR-X (F30Y).
The F30’s styling was instantly recognizable: it combined smooth curves and sharp lines to create a dynamic, streamlined form. It also featured a slanted nose with headlights set at 26.5 degrees (the highest angle for a domestic model) and sharply slanted windshield, giving it excellent aerodynamic performance (Cd: 0.37). The interior was distinguished by its elegant soft-trim finish, used throughout the cabin. The F30 was equipped with the world’s first electronic multi-meter, a drive computer, an audio system with auto-volume control (the first of its type in a Japanese car), tilting/telescopic steering column, and automatic air conditioner (standard equipment for the top-of-the-line model). Nissan also adopted several advanced technologies to ensure a comfortable ride – zero-scrub suspension, ventilated disc brakes (all models), and Japan’s first auto-levelizer (standard equipment on the top-grade SF-L).
To start with, there was a choice of 2 series, the 4-door hardtop and 2-door hardtop, plus 3 engines: the L28E, L20E, and Z18S. On July 28 of the following year, the L20E turbo engine was added to the lineup. Also, on the September 20, 1982, following a minor change, the front grille was changed to a transparent plastic type. Launched at that time, the 200XZGX was the top of the non-turbo line, equipped with the world’s first fiber-optic steering wheel switches (ASCD and audio switches mounted in the center pad), and high-quality plain-weave cloth upholstery as standard.