引田天功

昭和・人物・引田天功

6557

引田天功さん、なんでそんな危険ことするんだろ?楽しませるため?それにしても危険すぎる。
テレビ見ててよくそう感じてましたね。
彼の特番はほとんど欠かさず見ましたね!手に汗握る、こちらまで心臓ばくばくしてました。
天国では何されてるんだろ?むこうでも激しく生きてらっしゃるのかな?
ついついそう思ってしまいます。

(1979年12月31日満45歳没)

“神奈川県横浜市生まれ。日本大学高等学校、日本大学工学部卒業。1968年から1975年まで7回にわたって日本テレビの特番(主に木曜スペシャルの枠内)として放送された脱出イリュージョンは「死のジェットコースター大脱出」、「死の火煙塔大脱出」「死の水道管大脱出」「油地獄水面炎上大脱出」といった従来のマジックからは考えられないほどのスケールの大きさで毎回高視聴率を記録し、日本中に脱出ブームを巻き起こした。脱出のアイディアは自身が尊敬する“脱出王”ハリー・フーディーニの脱出劇にヒントを得たものであり、大量の火薬をセッティングした大掛かりなパフォーマンスであった。彼はこれらの脱出を成功させるため、練習中に瀕死のアクシデントを経験している。脱出の際の爆薬の威力は凄まじく音と熱と煙に相当悩まされたとも自身の著書に記している。その人気から、本業以外では1969年、フジテレビ系のテレビドラマ「フラワーアクション009ノ1」にレギュラー出演もしている。
テレビメディアと組んだ大規模な脱出イリュージョンの日本におけるパイオニアとして、日本のマジック界をリードする存在だったが、中年期より心筋梗塞など重度の心臓疾患に苦しんだ。晩年は催眠術パフォーマンスにも取り組むなど身体に負担をかけず、かつ視覚的にインパクトのある芸も取り入れながら、一方では「ナイアガラ瀑布脱出」など、新たな脱出イリュージョンを構想していたともいわれていた。しかし、自身の病状の進行等の諸事情から果たせず、1979年大晦日に志半ばで死去。45歳没 。”
◎引用:wikipedia

出典:youtube s kaz 様

関連記事

引田天功

横綱 大鵬

あのねのね