83年式、トヨタ カローラ レビン AE86型

昭和・旧車・トヨタ・カローラ・レビン AE86型

10379

◎撮影場所 トヨタ博物館

“FF(前輪駆動)に移行した5代目カローラのなかで、FR(後輪駆動)として存続し、軽快な走りで人気を博したスポーツモデル。
このモデルから、エンジンが従来の2T-GEU型から4A-GEU型に変更になり、出力が向上すると共に上級グレードにはパワーウインドウやパワーステアリングも装備された。
1987年の6代目ではレビンもFFとなったため、最後のFRレビンとして人気が高く、「ハチロク」と呼ばれて親しまれている。”
◎引用:トヨタ博物館表示

While other fifth-generation Corollas shifted to the FF (front-engine, front-wheel-drive) layout, the Corolla Levin AE86 retained the FR (front-engine, rear-wheel-drive) configuration, and its responsive driving performance won it the support of FR enthusiasts everywhere. The engine was upgraded from the 2T-GEU to the more powerful 4A-GEU, and high-grade models came equipped with electric windows and power-assisted steering. As the Corolla Levin also moved to the FF layout with the unveiling of the sixth-generation Corolla, the AE86 model became the last Levin with the FR configuration, and it is affectionately remembered as “the 86” by die-hard fans to this day.