さらばシベリア鉄道(唄:大瀧詠一)1981年

昭和・80年代邦楽・大瀧詠一・さらばシベリア鉄道

18837

大瀧詠一さんの、『A LONG VACATION』、今更ながら、素晴らしい曲で埋め尽くされた宝石のようなアルバム。ここまで質の高いアルバムは、なかなか出会えないですね!この『さらばシベリア鉄道』は、B面のラストを飾った曲。この曲は、80年に太田裕美さんに提供し、81年にセルフカバーしたもの。素晴らしい作品ですね!

◎作詞:松本隆、◎作曲:大瀧詠一

哀しみの裏側に何があるの?
涙さえも氷りつく白い氷原
誰でも心に冬を
かくしてると言うけど
あなた以上冷ややかな人はいない

君の手紙読み終えて切手を見た
スタンプにはロシア語の小さな文字
独りで決めた別れを
責める言葉捜して
不意に北の空を追う

伝えておくれ
十二月の旅人よ
いつ…いつまでも待っていると

この線路の向こうに何があるの?
雪に迷うトナカイの哀しい瞳
答えを出さない人に
連いてゆくのに疲れて
行き先さえ無い明日に飛び乗ったの

ぼくは照れて 愛という言葉が言えず
君は近視まなざしを読みとれない
疑うことを覚えて
人は生きてゆくなら
不意に愛の意味を知る

※伝えておくれ
十二月の旅人よ
いつ…いつまでも待っていると※
(※くり返し)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!