88年式、日産 シルビア Q’s

昭和・旧車・日産・シルビアQ’s

916

 “ 「アートフォース・シルビア」のキャッチコピーとともに1988年(昭和63年)5月に登場した5代目シルビア(S13)は、均整のとれたクーペらしい美しいボディラインが受け入れられ、日産を代表する「スペシャリティカー」として、若者を中心に多くのファンを獲得しました。ほどなく通産省選定グッドデザイン、日本カーオブザイヤーを受賞し、その美しさと人気が証明された形にもなりました。FR(フロントエンジン・リヤドライブ)の駆動方式ならではの走りの楽しさにも人気が集まりました。初期型のエンジンは全車1800ccのCA18型DOHCで、J’sとQ’sが135馬力のNA(自然吸気)、K’sが175馬力のターボエンジンを搭載していました。1991年にはマイナーチェンジで全車2000ccのSR20型DOHCに換装され、それぞれエンジンパワーが強化されています。ちなみに、シルビアとプラットフォームが共通の180SXも1989年(平成元年)に発売され、両車ともに、若者を中心に絶大な人気を集めました。このクルマはCA18DEエンジンを搭載する中間グレードの初期型Q’sです。

◎引用:日産ヘリテージコレクション表示