70年式、ヤマハ XS-1

昭和・旧車・バイク・ヤマハ・ヤマハ XS-1

798

“1955年の創業以来、2ストロークエンジンのモデルを手がけてきたヤマハ発動機が、初めて発売した4ストロークモデル。日本では高速道路の普及期を迎え、世界的にもモーターサイクルの大型化・高速化へのニーズが高まるなかで「軽量・スリム・コンパクトな大排気量スポーツモデル」という開発テーマ、与えられた命題を、細身のダブルクレードルフレームにスリムなOHC・バーチカルツインエンジンを搭載することで解決、多くのファンを獲得し、ファンからは「ペケエス」の愛称で呼ばれた。 ”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ

After making only 2-stroke models since its founding in 1955, Yamaha Motor introduced this model as its first to mount a 4-stroke engine. At a time when Japan was beginning to expand its system of expressways and there was a growing demand for larger, faster motorcycles worldwide, the development task of building a “lightweight, slim and compact big-displacement sports model” was achieved by mounting a vertical OHC twin cylinder engine with a slim design on an equally slim double cradle frame. This model won many fans who called it by the nickname “Peke-S.”