64年式、グロリアスーパー6

昭和・旧車・プリンス・グロリア・スーパー6

3523

“1959(昭和34)年にデビューした初代グロリア(BLSI型)は、スカイライン(ALSI型)とボディを共用した兄弟車でした。グロリアはその後1962年9月のフルモデルチェンジで2代目(S40型)に移行します。翌1963(昭和38)年には、2000ccクラスとして国産初の6気筒SOHCエンジンを搭載した「スーパー6」を追加。ネーミングどおりの直列6気筒「G7型」1988ccエンジンは、国産初の100馬力オーバーとなる105馬力を発生しました。モータースポーツでも活躍し、1964年(昭和39年)に行われた第2回日本GP(T-?レース)では1位(39号車:大石秀夫)、2位(38号車:杉田幸朗)とワンツーフィニッシュを決めました。このクルマは優勝した39号車の実車です。”
◎引用:日産ヘリテージコレクション表示

Prince Gloria Super 6 (1964)
The first-generation Gloria (BLSIP) used the same body as the Skyline. In September 1962, it received a full model change to become the type S40. The following year, the Super 6 – featuring the first domestic OHC engine – was introduced, and in 1964 at the 2nd Japan GP (T-VI Race), it secured both 1st (No. 39: H. Oishi) and 2nd (No. 38: Y. Sugita) places.

グロリア155

グロリアrc3

031