東京ブルース(唄:西田佐知子)1964年

昭和・歌謡曲・西田佐知子・東京ブルース

876


出典:dailymotion

西田佐知子さんの『東京ブルース』。いい唄ですねー。バックの管楽器が切なさ助長するように、彼女の声とともに染み入ってきます。この時代の歌ってたまらないなー。。

◎作詞:水木かおる
◎作曲:藤原秀行

泣いた女が バカなのか
だました男が 悪いのか
褪(あ)せたルージュの くちびる噛んで
夜霧の街で むせび哭(な)く
恋のみれんの 東京ブルース

どうせ私を だますなら
死ぬまでだまして 欲しかった
赤いルビーの 指輪に秘めた
あの日の夢も ガラス玉
割れて砕けた 東京ブルース

月に吠えよか 淋しさを
どこへも捨て場の ない身には
暗い灯(ほ)かげを さまよいながら
女が鳴らす 口笛は
恋の終わりの 東京ブルース