アドバルーン

昭和・アドバルーン

3471

わあ、アドバルーン。そういえば、見ない!!
いつ頃からだろう、80年代までは たまに見た記憶があるけれど、もう見ない!!
日本では大正2年に化粧品会社(中山太陽堂など)が使用したのが最初とされ、当初は広告気球と呼び、第1次隆盛期の昭和初期以降はアドバルーンという呼び方が定着。その後、アドバルーンは兵器として使用可能なことから、昭和初期から昭和20年代は民間での使用が制限、あるいは禁止の時期を経て、昭和30年代、40年代に最盛期を迎えたとか。。
現在は、高層ビルの林立による宣伝効果の低下、費用対効果の減少から、もうほとんど見なくなってますね!