小さなスナック(パープル・シャドウズ)1968年

昭和・60年代邦楽・パープルシャドウズ・小さなスナック

14017


出典:dailymotion

リヴァーブの効いた美しいギターの音色から始まる、この『小さなスナック』。いま聞いても、素敵なギターですねー!1968年の大ヒット曲ですが、松竹から同名の青春映画も制作され、パープル・シャドウズも出演しました。本当に素敵な曲です!

◎作詞:牧ミエコ
◎作曲:今井 久

1 僕が初めて きみを見たのは
白いとびらの 小さなスナック
一人ぼっちの うしろ姿の
きみのうなじが やけに細くて
いじらしかったよ

2 僕がその次 きみを見たのも
バラにうもれた いつものスナック
ギターつまびく きみの指さき
ちょっぴりふるえて つぶやくようで
かわいかったよ

3 僕が初めて きみと話した
赤いレンガの 小さなスナック
見つめる僕に ただうつむいて
なにもこたえず はずかしそうで
抱きしめたかったよ

4 今日も一人で 待っているんだ
きみに会えない さびしいスナック
キャンドルライトに 面影ゆれる
どこへ行ったの かわいいきみよ
忘れられない

どこへ行ったの かわいいきみよ
忘れられない